歴史Ranking

2027年02月07日

投馬国は出雲?五万余戸・第二の大国


魏志倭人伝で注目される国には、不弥国と邪馬台国の間に登場する投馬国がある。投馬国が注目されるわけは、戸数が5万余戸という大国であり、これは邪馬台国の7万余戸に次ぐ第二の規模であることと、また、その道程の記載のされ方から、魏志倭人伝に出てくる国々は、距離的に見て、二つの大きな集団(対馬国〜不弥国と、邪馬台国〜狗奴国)に分けられが、投馬国はその両者にも属していない、孤立した離れた地域に所在しているのではという感じなのである。

そこで、この投馬国は、当時の中国語で何と発音したのだろうか?

  上古音 中古音 推定音
投馬 dug-mag d∂u-ma
(mba)
ツマ


よく、「投馬」国のことを、「トウマ」国と呼ぶ人がいる。それで、この投馬国を「トモ」と解釈して、福山にある「鞆の浦(とものうら)」や岡山県にある「玉島(たましま)」「玉野(たまの)」などの地名との類似性から、投馬国=吉備国説を提唱する人も多い。この場合、魏志倭人伝に出てくる投馬国、邪馬台国までの水行を瀬戸内海航路と解釈しているのだろう。


ただ、当サイトでは、上古音により近い発音から推測して、「投馬」国のことを「ツマ」国と解釈して、投馬国=出雲国説を提唱したい。 イツモの「イ」は母音の発語、音が軽いから自然に省かれる。 「マ」と「モ」は同類音で相通ずるから、出雲と投馬両国名は全く一敦する可能性が高い。この場合、魏志倭人伝に出てくる投馬国、邪馬台国までの水行を日本海沿岸航路と解釈していくことになる。

「投馬」国のことを「ツマ」国として、投馬国=出雲国とするのには、他にいろいろ要因がある。

宋版「大平御覧」の「倭人伝」では、投馬が於投馬(エツモ)と書かれている。 今日、出雲の人は出雲を「エヅモ」となまって言うから、 この時代もそうで、中国人はそれを聞き取ったのかもしれない。

また、投馬国の官名が異彩をはなっているのも注目だ。彌彌(ミミ)と彌彌那利(ミミナリ)である。実は、この「ミミ」がつく名称は、記紀では、出雲系や神代系に多く登場する名前である。

これらの理由から、投馬国=出雲国だと思われる。

出雲神話は、日本神話の中での比重が高かったりし、古代から日本海航路の重要な港として栄えた地である。人口が5万余戸や、中世以降の諸侯の勢力範囲から想像して、魏志倭人伝の時代の出雲の勢力は、出雲、石見、伯耆、因幡などの山陰地方の大半を勢力圏としていたのかもしれない。




歴史Ranking
posted by 邪馬台国総論 at 15:00 | TrackBack(0) | コンテンツ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34573284

この記事へのトラックバック
カテゴリ
HOMEへ


案内
コンテンツ
人物・官
書籍
御意見・御要望




※当サイトで使用されている画像は、googleアースなどの画像を画像処理したものです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。